過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

術後に起こる過換気について

スポンサーリンク

最近病院やテレビなどで過換気という言葉を耳にすることがあります。
過換気とは呼吸が深くなったり速くなったりした状態のことをいいます。
すなわちこの状態になることで血中の二酸化炭素が排出されて、血液がアルカリ性の状態になっているのです。
この状態を呼吸性アルかローシスといいます。
その結果しびれやけいれんや意識がもうろうとする状態になります。
神経や筋肉に症状が現れるのが特徴です。
過換気を引き起こす人は大変多いです。
原因はさまざまで、精神的に不安定な状態になったり、術後のパニック障害でも起こることがあります。
また敗血症や中枢神経異常などが原因で起こることもあります。
このようにさまざまな病気や状態と大きく関係しています。

スポンサーリンク

男性と女性とを比べてみると、その発症は女性の方が多くなっています。
症状はどのようにして現れてくるのかというと、突然呼吸困難を訴えるようになります。
しかしこの呼吸困難の症状を自覚しなくても、息がしにくいという症状が現れることもあります。
そして過換気の状態になると指の先や口の周りにしびれが生じたり、不穏な興奮状態になったり、意識がもうろうとしてきたりします。
実際に診断をするときには動脈血を採取して検査すると、アルカローシスや二酸化炭素分圧の低下や、動脈血酸素分圧の上昇などがあります。
強制的に過換気のテストを行うこともあります。
心電図の検査を行うと、少し変化が見られることがあります。
発作を繰り返す場合には心理療法などを行います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加