過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群と狭心症について

スポンサーリンク

過換気症候群は若い女性に多いと言われている病気ですが、男性や高齢者の患者もいます。
過換気症候群になってしまうと、突然または少しずつ呼吸が苦しくなり、両手の指や口などがしびれたような感覚になります。
胸の締め付け感や息苦しさから精神的な不安が募り、死の恐怖を伴うことがありますが、これがさらに酷くなると指が痙攣したような状態になってしまいます。
また、非常に意識が朦朧とすることもあり、激しい過呼吸と無呼吸の状態を交互に繰り返すという場合もあるようです。
発作は10分以上続くこともありますが、どんなに強い発作が起きても時間とともに良くなってくるため、この病気で死んだり後遺症が残ったりすることはありません。

スポンサーリンク

過換気症候群の発作は一生に一度しか出ない人もいますが、何度も起きてしまうこともあります。
もともとストレスを感じやすい人に起きやすいとされていますが、マラソンなどの運動によっても誘発されることがありますし、意図的に呼吸を数分間早めるだけで発作が起きてしまう場合もあります。
診断についてですが、発作が起きた時に動脈血の酸素濃度と二酸化炭素濃度を調べるだけで良いため、少量の採血ですぐに分かるようになっています。
しかし、脳腫瘍や狭心症などでも似たような発作を起こすため、これらの病気と間違えないように注意しましょう。
また、高齢者の場合は過換気症候群が狭心症を誘発する可能性もあるので気をつけなくてはなりません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加