過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群は強いストレスを感じたり激しく泣く事で発症します。

スポンサーリンク

過換気症候群は強いストレスや不安を感じた時などに、呼吸の回数が多くなり血中の二酸化炭素の排出が必要以上に多くなる事で起こる、心身症とよばれる病気の一つです。
また激しく泣く事で呼吸が乱れ、発症にいたることもあります。
主な症状としては呼吸の乱れ・頭痛・手足や唇の震え・めまい・胸部の圧迫感や痛みなどがあり、呼吸が出来ないことで死の恐怖を感じることもありますが、過換気症候群は死にいたったり、後遺症が残る病気ではありません。
この病気が発症しやすい人は几帳面で神経質な性格の人が多く、精神的に不安定な年頃と呼ばれる10代〜20代の人も発症しやすいと言われています。
この症状の対処法としてもっとも有効と言われる方法は、まず気持ちを落ち着かせる事と言われています。

スポンサーリンク

気持ちを落ち着かせる方法としては、息をゆっくり吐く呼吸法が効果的です。
この方法は息を吸う倍の時間をかけてゆっくりと息を吐くというものです。
息を吸ったらそのまま1〜2秒息を止め、その後10秒ほどかけて息を吐きます。
これを数回繰り返していくうちに、徐々に呼吸が整っていきます。
以前はペーパーバッグ法という、紙袋を使って自分が吐いた息を再び吸って、身体に二酸化炭素を取り込むという方法が推奨されていましたが、窒息の危険があるという事で、現在は息をゆっくり吐く呼吸法が、最も推奨される対処法になっています。
過換気症候群の症状は、時間が経つにつれて少しずつ快方に向かっていきます。
ですので、症状が起きた際には落ち着いて、呼吸を整えるようにする事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加