過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群で救急搬送されて初めて治療する人々

スポンサーリンク

過換気症候群をこじらせて、夜中に救急搬送される人は非常に多いです。
日本全国で救急搬送される人の多くは、この過換気症候群だという統計も実際にあります。
中には、救急搬送されて、医師の治療を受けて初めて、自分が病気だと自覚する患者もいるくらい、この病気はまだ広く知られていないというのが現状です。
確かに、この過換気症候群とは、四六時中症状が出るということはないので、自分がまさか病気だとは思えないという側面もあります。
しかし、何かをきっかけにして突然に発症し、発症後は、本人も家族など身近な人も、すぐに死んでしまうのではないかと思う程に、苦しんで転げ回るという恐ろしい病気です。
しかし、数十分でたいてい収まります。

スポンサーリンク

この過換気症候群の原因は、過度のストレスや大きな不安を抱え込んだときに発症すると言われています。
特に、若い女性にとても多い病気として有名です。
この過換気症候群が発症したときに、とてつもない苦しみと、もはや自分の体ではないのではないかと思うようにのたうち回ることによって、もう自分はすぐ死んでしまうのではないかと思ってしまう患者がとても多いです。
実は、そのように過度に絶望的になって、焦ることで、余計に病状を悪化させてしまいます。
この過換気症候群を少しでも良くしたければ、やはり日常生活で過度にストレスをためないことと、日頃、不安に思っていることを排除することが大切です。
ストレスは、こまめに発散させるべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加