過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と不整脈について

スポンサーリンク

最近テレビなどでよく耳にするようになった言葉に過換気というものがあります。
これは一体どのような症状のことをいうのかというと、呼吸が深くなってさらに早くなることをいいます。
すなわち血中の二酸化炭素が排出されることによって血液がアルカリ性になるということです。
したがってこの時に現れる症状としてはしびれやけいれん、意識がもうろうとするなどの筋肉や神経症状が現れます。
また呼吸が速くなることによって不整脈の症状が現れることもあります。
このような症状を訴える人は最近多くなってきています。
過換気の原因はさまざまで、器質的な病変や精神的なものからくるものが考えられています。
また手術の後のパニック障害が原因となることもあります。

スポンサーリンク

ではこの過換気の原因はどのようなことなのかというと、精神的な不安があります。
また人工呼吸器を付けることに寄る補助換気中の換気が過剰になったり、原因がはっきりとしない中枢神経の異常や、サルチル酸などの薬剤による中毒があげられます。
このほかにも敗血症が原因のこともあります。
しかしこれらの病気が関係していることの他に日常生活の中でも発症することがあります。
ここでは精神的な不安やヒステリーを起こしたときなどがほとんどです。
特に若い人や女性にこの症状が多く見られる傾向があります。
男性と女性を比べるとその差は女性は男性の2倍の発症率とされています。
症状は突然現れることが多いので、このようなときには小さい紙袋を口に当てて反復呼吸をさせるようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加