過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群の頻度について

スポンサーリンク

過換気症候群は、呼吸数が急激に増えてしまうことで血液中のバランスが狂ってしまう事でさまざまな症状が出てしまいます。
原因としては、不安などの心理的な要素や肺炎などの肺の病気などがきっかけとなり呼吸が早く、浅くなってしまうことで起こり、若い女性に見られることが多い症状で、過呼吸症候群ともいわれます。
それによって、体内の酸素の量が増えるとともに二酸化炭素の量が減ってしまい、体の痺れや痙攣、失神などといった形で症状が出てきます。
心理的な要素が原因の場合、パニック障害の症状のひとつとして出てくることもあります。
過換気症候群が起こる頻度は、個人差がありますが心理的なストレスや体の疲労が原因で起きることもあるため注意が必要です。

スポンサーリンク

過換気症候群の治療は、不安や緊張などの心理的な要素が原因の場合は、その原因となっているものを解決していくことで取り除いていくことで症状の緩和をしていきます。
自身にとって、精神の安定に繋がるようなものを持つことも症状の緩和に効果があります。
以前から行われていた紙袋を使った治療は、間違った方法で行うと効果が無かったり死亡してしまうこともあるため、行う場合は医師の判断の元で行うようにしてください。
何度も発作が起こっていて自分なりの対処法がわかっている方は、その対処法で発作がおさまるのを待つことになります。
鬱やパニック障害などといった他の症状が原因の場合は、根本となっている症状を治療していくことで症状を緩和していきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加