過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

脳血管収縮と過換気の症状の関連性

スポンサーリンク

多くの人が困っている過呼吸や過換気の症状は一度発症してしまうとなかなか改善する事の出来ない難しい病気です。
中でも呼吸が一時的に止まる事によって起こる脳血管に対する負担はとても心配が大きく、時には脳血管が破けて脳内出血を引き起こしてしまう事もあるので十分に対策をしておく必要があります。
基本的には過換気が起こると脳血管収縮が起こり、必要以上の血液を流さなくて済むように全身が反応してしまいます。
実際には酸素が体内に多い事によって発生する症状なのですが、呼吸ができなくなると窒息状態と同じような反射反応をしてしまうので酸素が足りなくてもよいように血管が収縮して人体の安全を守ろうとしてしまう事が多いです。

スポンサーリンク

 この症状は客観的にみれば本末転倒無状態ですが、体内の自然な反射反応なので個人ではどうしようもありません。
この収縮が長く続いてしまうと脳に酸素が行かなくなり、意識がもうろうとして最悪意識を失ってしまいます。
そうなると過換気の症状を改善するには救急車が必要になってしまうので十分に日頃から注意をしておく必要があります。
脳血管だけではなく内臓系の機能も一時的にストップしてしまう事があるのでこの過換気はとても危険な症状なのです。
特に原因が精神的なストレスになっている事が多いので、出来る限りストレスを溜めこまないようにし無理な体調管理や生活をしないよう注意が必要です。
しっかりと医師の診断を受け、薬なども用いながらの治療がとても重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加