過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気が原因の一過性脳虚血状態

スポンサーリンク

熱い物をアツアツで食べるのはとても美味しく感じる事があるかもしれません。
アツアツのラーメンや寒い時期の鍋物などは良いものです。
ただこれらを息で冷ましながら食べる行為が過剰になると、二酸化炭素を出しすぎて過換気状態を起こす事もあるようです。
それが原因でなるのが一過性脳虚血状態だそうです。
めまいや手のしびれ、脱力感、言葉が出ないなどですが、ほとんどは一時間以内におさまるもののようです。
吹奏楽で吹く動作からこれになる方もいるそうです。
しかしこれらは過換気からくる一時的なものだという事では同じで、元に戻るのにそれほど時間は要しません。
しかし、そのような動作をしているわけでないのに、いきなり脳虚血状態になるのは、色々と問題がありそうです。

スポンサーリンク

頸や脳の血管が狭窄しているか、一時的に血の塊が血管を塞いでしまった可能性もあるようです。
これは病院で検査してみないと分からない事ですので、このような症状があった場合には、出来るだけ早く受診した方が良さそうです。
ただ一過性脳虚血になったからといって、全てが脳梗塞の前触れなわけではなさそうです。
一過性なら24時間以内に症状が消えてしまっている人が少なくないからのようです。
ただ脳虚血が心房細動からくるものの場合もあるそうで、やはり、めまいや脱力感、しびれなどの症状がおさまっても、自己判断しないで検査をするのが安心かもしれません。
検査で原因が分かれば早い段階で対処ができるようです。
ネットでも、その体験者の声が様々と聞く事が出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加