過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

妊婦さんの過換気症候群

スポンサーリンク

過換気症候群とは精神的な不安によって過呼吸状態になり、手足や唇に痺れや動悸などが起きる心身症です。
また、不安などの精神的なものから来る心因性のこともあります。
一般的な過呼吸との違いは『精神的な不安』が原因で起こるという点です。
ひどい場合は失神したり、呼吸困難に陥ったりします。
体験された方の中には死の恐怖を感じた方もいらっしゃるそうです。
妊婦さんは過換気症候群になりやすいようで、救急搬送される方もいらっしゃいます。
妊娠中はプロゲステロンが増加するため、酸素消費量や換気量が変わってしまうことや、精神的なショックや不安によって呼吸が速くなり過換気状態になり、血液中の二酸化炭素が減少しすぎてしまうことが原因です。
妊娠中は精神的にとても不安定になりがちです。

スポンサーリンク

過換気症候群と上手につきあうには、もし過呼吸気味になってしまったらパニックにならないで深呼吸をすることです。
また、近くに紙袋があるなら紙袋を広げて中で深呼吸をし、吐いた息をまた吸うことです。
二酸化炭素を取り入れることで酸素を吸収しすぎた血液の中に二酸化炭素が入り、バランスが良くなります。
妊娠中に起こると血中に酸素が増えすぎてしまい、赤ちゃんが苦しくなってしまいます。
過換気を起こしてしまった場合は横になったりして安静にすることが第一です。
もし、万が一過換気が頻繁に起こるようになったら病院に相談するべきです。
命を落とすことは少ないのですが、赤ちゃんや母体には大きな負担を与えます。
妊婦検診の際に相談しておくとお産の時にもスムーズに対応してもらえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加