過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群と二酸化炭素濃度について

スポンサーリンク

過換気症候群とは、精神的な不安により過呼吸となったとき、手足や唇の痺れや動悸などの症状が引き起こされる心身症の一つです。
過換気症候群は、呼気からの二酸化炭素の排出が必要量を超え、動脈中の二酸化炭素濃度が減少して血液がアルカリ性に傾くため、息苦しさを覚え、無意識に延髄が反射によって呼吸を停止させて血液中の二酸化炭素濃度を増加させようとします。
しかし、大脳皮質は、呼吸ができなくなるのを異常と捉え、さらに呼吸させようとします。
また、血管が収縮し、軽度の場合は手足のしびれ、重度の場合は筋肉が硬直します。
検査と診断は、呼吸困難の原因が、喘息発作、自然気胸、肺塞栓症、狭心症、心筋梗塞などである可能性があるため、胸部X線写真、心電図などの検査が行われ、また、動脈より採血し、動脈血中の炭酸ガスや酸素の濃度、酸性度・アルカリ度が調べられます。

スポンサーリンク

肺や心臓に異常がなくて、動脈血中の炭酸ガスが減少していて、酸素が基準値以上あり、アルカリ性であれば、過換気症候群と診断されます。
また、過換気になっていると、喘息発作や狭心症発作を起こしやすいため、これらの病気にかかっていないかも調べられます。
治療は、大きな呼吸をすることで、呼吸困難などが起こり、不安になって、さらに大きな呼吸をすることで症状が悪化します。
この発作を起こした人には、血液中の炭酸ガスを元に戻すため、ビニール袋などを頭にかぶせて、吐いた息(呼気)を再び吸わせる方法が取られたり鎮静薬が与えられます。
大きな呼吸をすることが悪循環の原因で、これは独り相撲のようなものなので、大きな呼吸をしてしまっ手手足の痺れを感じたら、それ以上に大きな呼吸をしないように自分でコントロールします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加