過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と頭蓋内圧について

スポンサーリンク

世の中にはかなり治療が難しく、その他の病気を引き起こしてしまう危険があるような症状も多くあります。
特に、過換気という症状は一般的に知られている過呼吸に似た症状ですが、原因がはっきりと異なっており精神的な負担やストレスが原因になって引き起こされることが多いものです。
過換気では原因が精神的な面であり目に見えないので、周囲の人からすると発作的に症状が起こるのでかなり驚かれる事も多い症状です。
しかし、対処法は基本的に過呼吸と同じなので紙袋などで口を覆い呼吸を落ち着かせることでかなり回復させることが可能です。
パニック障害の発作のようになってしまう事もあり、始めのうちは本人でも原因が分からない事も多く注意が必要な症状です。

スポンサーリンク

 この過換気が起こると体内では様々な異常が発生するので時には脳内の血管から出血してしまう事もあります。
また症状の重さによっては頭蓋内圧が上昇し意識がもうろうとしてしまう事もあります。
酸素が体内に多くなりすぎる事によって発症するこの過換気は、身体にとってはただの呼吸困難なので身体の各所の血管を収縮させて対応する事が多くあります。
それに加えて脳内に急に血液が溜まってしまう事もあり毛細血管が多い脳ほど危険にさらされてしまいます。
急に症状が出ると血液の流れがいきなり悪くなり、場合によっては脳内出血でかなり生命の危機にひんしてしまう事もあります。
発症したら出来る限り早く過呼吸と同じような対処をして素早く症状を軽くする必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加