過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群と電解質の関係は検査によく用いられます。

スポンサーリンク

過換気症候群というのは、いわゆる過呼吸と言うのもこれに入ります。
そのようにいうと、わかる人も多くなるかと想像するのですが、これは一過性のものとそうじゃないものがあって、下手すると命に問題が生じることも少なくない症状なのです。
でも、たいていの場合は2分から3分ほど呼吸を自分自身でコントロールすることでおさまり、事なきを得ることになるのですすが、そうじゃない場合の人もいるので、ある意味そのような人には切羽詰った対応になりがちなのですが、現在の救急時の対応としては、このような場合には、患者の精神状態を考慮して、パニックにならないように誘導することが肝心なのです。
それはどういうことかと言うと、精神的に安定するような方向に持っていくように誘導するのです。
誘導の仕方はいろいろあるのですが、大丈夫ですよとか声をかけながら、ここ体の呼吸を整えるように指示を与えたり、自らその呼吸法を実践して見せてそれにあわせて呼吸をしてもらうようにしたり、と言うことを行ったりするのです。

スポンサーリンク

そのような応急処置を行うことになったりするのですが、自分自身がそのような系統なのかというのが、最終的に患者さんとして知りたいと思う所があります。
そのときに検査方法のひとつに電解質を使った方法があるのです。
どんな方法かと言うと、体にある電解質は、生命の維持に欠かせないものであり、その血中の濃度を調べることによって、腎機能やホルモンバランスの働きに異常が生じているかどうかというのがわかると、過換気症候群なのかどうかのあたりをつけることができるのです。
その電解質にもいろいろな種類があって、そのなかで 特に呼吸に関するところとして、必要なものとして、カリウムの存在が大切になってくるのです。
このカリウムというのが、神経や筋肉の働きを調整しているためにわかることなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過換気症候群と電解質の関係は検査によく用いられます。関連ページ

過換気症候群のセルフチェック