過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群は低カリウム値を表すことで呼吸障害の疑いあり

スポンサーリンク

過換気症候群になっているかど言うかの判断として検査を行ったりするのですが、このときに利用するのは、体の電解質であるカリウムの量について調べることになります。
過換気症候群になっている場合には、カリウムと言うのはどのようになるのかというと、その量的なものが、低くなると考えられているからなのです。
このカリウムというのは、神経や筋肉の働きに密接な関係というのがわかっているところがあって、神経や筋肉の働きを調整してくれる働きがあるのです。
その働きというのが、低カリウムとなった場合には、神経麻痺していることになり、高カリウムとなると不整脈などの心臓に悪影響を与えているということになるのです。
よって、低値の場合だと、節食障害、嘔吐、下痢、利尿薬の使用、呼吸不全症候群、アドステロン症、クッシング症候群などが疑われるのです。

スポンサーリンク

それではこのように、カリウムの量が検査の結果で低い値を示した場合については、低カリウムということで、呼吸関係に何らかの問題があることがわかり、その上で、その症状から過換気症候群といった判断になるのです。
このように、からだの中にある電解質といわれているイオンの状態で存在する物質というのは、カリウムを初めとして、ナトリウム・クロール・カルシウムと言うのがわかっていて、それぞれに不足したりあまりにも増えすぎたりすると、からだになんらかの支障をきたしているということを意味しているので、その病名を探る手助けということになるのでです。
こからもこのような内容が充実してくると、体の不調を訴えた場合その値がどのような値を示すのかで、判断ができる時代になってきているのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加