過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

ストレスからの過換気症候群に対処するには

スポンサーリンク

過換気症候群は心身症の一種に分類され、強い不安などの精神的なストレスや体の痛みなどの体からくるストレスから発症します。
この病気は20代の若い女性に多い病気とされてきましたが、現在では同年代の若い男性にも増えつつあります。
この病気になりますと、息苦しくなったり、顔、手足のしびれ、めまいや頭痛などの症状が起きます。
こういった症状が起きる原因は、体内の血液が強いアルカリ性になることであるとされています。
過換気を繰り返しますと血液中の二酸化炭素の濃度が薄くなります。
これが手足の痺れや息苦しさなどの数々の症状を引き起こします。
これまで過換気症候群に対処するには、ペーパーバック法と呼ばれている方法が有効であるとされてきました。

スポンサーリンク

これは過換気の症状のある人に紙袋を通じて呼吸をさせるというものですが、現在ではペーパーバック法はかえって窒息死をまねく危険性があるために推奨されていません。
過換気の症状がある人には、ゆっくりとしたペースで複式呼吸をさせる方法が有効です。
また、ストレスからくる過換気の場合、それを完全に解消するにはストレスを引き起こしている原因を解明する必要があります。
このためには専門のカウンセリングを受けたり、心療内科や精神科を受診するのが有効です。
カウンセリングだけでは症状がおさまらないという場合は、抗不安薬などの薬で予期不安をおさえる治療を行うことがあります。
また、薬のかわりに精神安定の効果のあるハーブを使用するなどの対処法も有効です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加