過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群の恐怖体験をしないために

スポンサーリンク

過換気症候群の発作を実際に体験したことのある人に聞くと、それは、非常に恐ろしい体験のようです。
のたうち回る自分の体が自分で制御できないようになり、呼吸もうまくできずに非常に苦しく、今すぐにでも自分は死ぬのではないかという恐怖心に押しつぶされるそうです。
そして、さらには、そのように自分が死ぬのではないかという恐怖心から、焦ってしまってパニック状態になり、そうなるとさらに症状が悪化していき、息苦しくなるようです。
その苦しみ方を目にした家族や身近な人も、本当に焦ってしまい、どうしてよいのか分からず、救急車を呼ぼうとしても、電話番号が何番だったかさえ、混乱状態で思い出せずに時間がかかってしまうというような現象も多発しています。

スポンサーリンク

しかし、そもそも、この過換気症候群という病気は、数十分もすれば、たいてい自然と治ります。
しかし、発症したときの症状の激しさから、ほとんどの人が慌てふためいてしまって、救急車を呼びます。
この過換気症候群という病気の原因は、主に、ため込みすぎたストレスや、大きな不安感だと言われています。
こういうストレスなどは、ほとんどの人間が抱えています。
しかし、それをいかに上手に発散させるかで、結果が変わってくるようです。
自分が我を忘れて没頭できる趣味を見つけたり、自分が心底癒される場所や雰囲気をきちんと把握して、休みの日に必要に応じてそれらを取り入れてストレスを発散させるということが、ストレス社会と言われる現代に生きる人間として大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加