過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気で突然息苦しい

スポンサーリンク

最近のストレス社会の中で、新たに増加しているのが過換気という呼吸気系の発作があります。
突然何の前触れもなく、胸が息苦しいと感じてそこから息使いが荒くなりだんだんと呼吸困難に陥る状態になっていきます。
そうして、症状がひどくなると手や足の先が痺れたり痙攣のように筋肉が硬くなってくる時もあります。
こうした状態時の、体内は酸素濃度が平常時よりも高く二酸化酸素が不足していてこのような状態に身体がなるのです。
ただ、これは一時的に身体が反応しているので時間の経過とともに発作は治まります。
そうした事からこの過換気は病気というものには当たらないただの症状だけという扱いです。
病気ではないので、当然お薬もなく何の処置もありません。

スポンサーリンク

しかし、病気に当たらなくても当事者にはとても息苦しい時間が長くとても辛い事です。
出来る事は、深呼吸を繰り返す事と無理にでも何か話しをする事です。
話しをする事で、少しづづ身体が正常な呼吸をしていくからです。
口に紙袋を、当てる処置もありますが余り効果が期待できず違う副作用が出ることもあり余り推奨はしていません。
過換気になる、原因はやはり心因性が大きく精神科などで診察を受けて何が一番のストレスなのか見つける事が大事になります。
一番効果があるのが、精神的な安定しかないのが今の現実です。
一度なると、何度も繰り返す事が多いのと突然に発作が起きるので当事者には辛いものです。
精神科では、過換気が起こる場合はパニック障害と呼ばれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加