過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

睡眠中に起こる過換気への対処法

スポンサーリンク

過換気というのは精神的な悩みを原因として発生する過呼吸のような症状の事で、非常に辛い症状でありかつ危険な症状であることが知られています。
この症状が出た時には適切に対処しなければ最悪の場合呼吸停止に至り死んでしまう事もあるので十分に注意して対処する必要があります。
基本的には過呼吸の時の対処法と同じですが、精神的な要因が引き金となって発生するので、いつ発作的に過換気が発生するか分からないのがこの症状の怖い点です。
特に睡眠中であっても発生する可能性があるので出来る限り注意をして、寝る時でさえも油断しないようにしておく必要があります。
普段から枕もとには紙袋などを置いておくなどの工夫が必要になってきます。

スポンサーリンク

 睡眠中に発生する過換気に関して、症状が出れば患者は目が覚めるものですが、時には目が覚めずにそのまま呼吸困難になってしまう事もあります。
そのため、この症状が激しい人には常に人が付いている必要があり、寝る時には呼吸を補助してくれるようなマスクを装着して睡眠を取る必要もあります。
必要に応じて専門の病棟に入院をして症状を改善していく必要もあり、確実に安全を確保する必要のあるものです。
過換気はいつ起こるか本人でも分からないものですが、異常にストレスがかからなければ起こらない事も多いので、生活や仕事に関しては十分に注意すると良いでしょう。
睡眠中に起こってしまうと酸素過多でありながらも対処ができないのでしっかり準備や対策が欠かせません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加