過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

水泳などのスポーツの際の過換気症候群の対処法

スポンサーリンク

過換気症候群とは精神的に不安定になり過呼吸になることを言います。
過呼吸になることにより、手足の痺れや動悸、めまいなどが起きます。
なりやすい人は几帳面や自己犠牲がある人が多いようです。
水泳などのスポーツにより、二酸化炭素の排出があまりにも多くなると過換気症候群になりやすいので、スポーツ業界にも多いです。
その場合は運動強度を下げたり、実際に過換気症候群になった場合は落ち着いて袋を口に当て、少しでも二酸化炭素を取り入れることが重要です。
症状が頻繁に出てしまっては辛いので、予防するのも大切です。
過換気症候群は精神的に不安定な人がなりやすいので、精神的に強くならないといけないです。
そのためにも日頃の栄養摂取が大切です。

スポンサーリンク

現代ではビタミンB?ビタミンC?カルシウムなどで心が構成されると言われています。
逆にこれらの栄養素が不足すると、ストレスに負けやすくなり不安定な精神状態になってしまいます。
栄養を食事からなかなか摂れなくなっている今、サプリメントを活用すると効率よく栄養を摂ることが出来ます。
サプリメントは野菜や果物から作られているので、安心して栄養摂取が出来ます。
サプリメントはサプリメントでも合成で作られているものではなく、自然に作られているものを選ぶとしっかりと体に吸収されるので効果的です。
栄養はバランスが大切なので、マルチビタミンを摂るとバランスよく摂れます。
これらが過換気症候群の予防策と対処法になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加