過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気による失神やその症状と原因と対策、更に注意点について

スポンサーリンク

隣にいた人が突然倒れてしまう、そんな経験をしたことのある方もいるはずです。
これは小学校で整列している時や駅のホームで電車を待っている時、人気歌手やアイドル、アーティストを見たファンなどが熱狂のあまり失神してしまうこともあります。
そんな過換気の原因は過剰な呼吸による血中内の酸素濃度の上昇にたいして抑制する働きが起きるためであり、その症状として息苦しい、呼吸が早くなる、胸に圧迫感や痛みを感じる、動悸が激しくなる、めまいがする、手首や唇が腫れる、恐怖を感じる、失神するなどが起きることがあるのです。
この失神に関しては極稀に起き、芸能ニュースなどではライブ会場でアーティストを見たファンが失神し担架に乗せられ運ばれていくのを見ることもあります。

スポンサーリンク

この過換気による問題はだれでも起こり得るもので、特に10代〜20代の若者、几帳面な人、心配症で考えこむ方は注意が必要です。
また、意識を失うという場合には命にかかわることもあるので対策を知っておく必要があります。
その対策ですが呼吸を早く浅くしたり、遅く深くするなど意識的に調整する、紙袋の中に息を吐きだし、吐き出した呼吸の中にある二酸化炭素を吸うことで血中内の酸素濃度を下げることができます。
また紙袋を使用するときは、入り口から空気が出入りできるように隙間を開けておくことで血中内の二酸化炭素が過剰にならないようにしておきます。
この過換気による失神は血中内の酸素濃度が上昇し、脳への酸素の供給が制限されることで発生するため、その対策として呼吸の速度と深さを調整することがどこでも出来る対策となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加