過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気で自律神経失調症になったら休養を取ろう

スポンサーリンク

人間の身体というものは自律神経の働きが,空気を呼吸したり飲食をしたものを消化したり、体温調節・発汗の調整等をおこう事でバランスを正常にとる事が出来ます。
しかしながら、仕事や人間関係等で過剰なストレスを受けると自律神経のバランスを維持する事が難しくなり、しびれや息苦しさや窒息感や呼吸が出来なくなるかもしれないという恐怖感等の激しい自律神経失調症を伴う過換気と言われる早くて浅い過呼吸をしている状態に成ることがあります。
この過換気の原因は心身にあたえられたストレスで交感神経という極度の緊張感から生まれますから、早急に生活から過労という状態を切り離し・十分な睡眠をとりつつも・運動不足解消をする為にウォーキングやジョギング等を行う様にする事が大切です。

スポンサーリンク

過換気という状態は浅い呼吸をの為に二酸化炭素を必要以上に出してしまうからですから、ゆっくりと十分に時間をかけてゆっくりと息を吐く訓練を徐々にしていき、行き過ぎた交感神経の緊張を副交感神経を優位にする様な訓練をします。
一昔前は過呼吸状態になったら紙袋を何時も持参していてその紙袋に吐き、自分が二酸化炭素を自分で吸うという様な事が推奨された事も有るようですが、現在の治療の最前線では強い酸欠状態に為りやすいために試さない様にして下さい。
自律神経失調症の治療は、主に4つのアプローチがあり薬物療法・指圧やマッサージ等の理学療法・運動・食事・ストレス等といった生活指導・そして認知行動療法的アプローチがあり、幾つかを組み合わせて治療をすることが一般的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加