過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

酸素飽和度から見る過換気症候群

スポンサーリンク

過換気症候群をご存知ですか。
過呼吸状態と言われるとピンとくるかもしれません。
過呼吸状態と過換気症候群の起こる生理的メカニズム、呈する症状はほとんど一緒であるので、見分けはできません。
ではなぜ分けられているかというと、その原因が精神的なものか、それ以外の運動かという点だけです。
精神的なものは、過換気症候群ということに現在されています。
そのメカニズムは、二酸化炭素の血液中の濃度、つまり、血液中に溶けている二酸化炭素の分圧が鍵になります。
血液中に溶解している空気中の気体を考えると、多くは二酸化炭素と酸素になります。
そのバランスがとても重要で、その中でも、二酸化炭素の分圧をモニターして呼吸をコントロールしていることが重要です。

スポンサーリンク

精神的な原因からくる過換気症候群は、二酸化炭素のモニターをしていると、二酸化炭素分圧が下がることが問題点です。
二酸化炭素分圧が下がるには、過度な呼吸によって引き起こされます。
しかし、そのなかで、酸素飽和度はほとんど変わりがありません。
充分に酸素が足りている状態です。
しかし、二酸化炭素分圧が下がるので、呼吸を停止させようと働きます。
その状態では、脳の大脳の方では、呼吸をしていない状態を異常とみなして、たくさん呼吸させようとします。
そこに矛盾があり、呼吸をさせようとするのに、一方で呼吸を止めるメカニズムも働いているので、息苦しくなります。
しっかり理解していると、呼吸を意識的にコントロールすれば治るものなので、酸素はしっかり足りているし、死ぬことはないと大きく構えて対象してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加