過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と酸素分圧について

スポンサーリンク

過換気症候群という言葉を聞いた事がある人も多くいますが、これは人間が普段何気なく行っている呼吸が深くなり、また早くなる状態のことをいいます。
この状態になると血中の二酸化炭素が排出されるので血液がアルカリ性になります。
したがって手や足がしびれたりけいれんを起こしたり、意識がもうろうとなったりします。
この症状が出ることは多く、その裏にはたくさんの原因が考えられます。
例えば器質的な病変があったり精神的なものから来ているなどといったことです。
したがって検査を行うときには、何が原因になっているのかをしっかりと検査をする必要があります。
症状は男性よりも女性に多く見られます。
また精神的に不安定なときにはこの症状が出ることが多いです。

スポンサーリンク

実際に過換気かどうかを調べるためには検査をする必要があります。
このときにはどのような検査が行われるのかというと、できるならば発作が起こったときに動脈血を採取して検査を行います。
するとアルかローシスや二酸化炭素分圧の低下が見られます。
また動脈血酸素分圧の上昇も見られます。
このときに強制的に過換気の状態にして検査を行うこともあります。
実際に発作が起こったときの対処法は、小さい紙袋を口に当ててゆっくりと呼吸をさせるようにします。
精神的な不安や疲労が重なっているときに発症することが多いので、安静や休息を心がけるようにします。
医師の判断によっては抗不安薬を使用するときもあります。
このような症状に気づいたら病院に行くようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加