過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と酸素投与について

スポンサーリンク

人間は肺をふくらますことによって空気を肺の中に吸い込んで、肺を縮めることで吸った空気を体の外にはき出すということを行っています。
すなわち酸素を体の中に入れて二酸化炭素を体の外に出すということを行っています。
この一連の動作のことを換気といいます。
そして過換気といわれるのは換気が大きくなっている状態のことです。
この状態になると体の中に酸素がいっぱいになっているということです。
そして二酸化炭素の量が少なくなり、血液がアルカリ性になってしまいます。
こうなることで手足のしびれや意識がもうろうとしてきます。
酸素不足や肺炎や甲状腺の病気が関連していることがあります。
このほかには精神的に不安定であったりというときにも発症します。

スポンサーリンク

過換気の治療としては気持ちを落ち着かせてゆっくりと呼吸を整えるようにします。
しかしこのときに深呼吸はしないようにします。
深呼吸は過換気状態をつくる原因になるからです。
体の中の二酸化炭素が少なくなって起こっているので、小さい紙袋などを使って一度はき出した二酸化炭素をまた吸い込むようにします。
しかしこのときには酸素不足になりやすくなります。
したがって酸素投与するなど、医師の指導を受けて行うようにします。
精神的な不安からパニックを起こしているときもあります。
したがってこのようなときには医師の判断により、抗不安薬などの薬を服用するようにします。
過換気の原因はたくさん考えられます。
したがって発作を繰り返すときには医師に相談するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加