過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気の時の呼吸抑制方法は今と昔では違うので注意が必要です。

スポンサーリンク

過換気になると呼吸が深くなり呼吸自体がはやくなったりします。
これが一時的なもので短時間で済めば、一過性の過呼吸発作ということで事なきを得るのですがこれが長く続くとそのように行かず、脳の酸欠を起してしまうことになるのです。
これに対しては、命の問題に直接関わることなので処置をする必要が出てくるのです。
これは普通の状態では何の問題もなく脳が呼吸抑制を行うので、何の問題も起こらないのですが、これがいったん心的なストレスを受けることで、状況がいっぺんしてしまうことになるのです。
それは、脳からの呼吸抑制に対する麻痺みたいなものが起こって、うまく呼吸制御ができなくなってしまうことなのです。
このようになってしまうと長期に続くことになれば、脳に多大な問題を残してしまうことにつながってしまうのです。

スポンサーリンク

このようになった人に対しての応急処置としては、紙袋を口・鼻にあて、吐いた空気を再度吸い込ませること行為を繰り返して、血中の二酸化炭素の濃度を上げる方法を実施すのが今まで一般的だったのですが、酸素と二酸化炭素のバランスの調整がこれでは難しく、かえってリスクのほうが多いという意見が、現在は大半を占めているので、これを行うことはほとんどないのです。
そのために現在は、呼吸の速さと深さを自分自身で意識的に調整することで、2から3分程度つづけることで、自然に収まることになるのです。
このために介助する人は何もせずに、患者を落ち着かせることに徹し、呼吸抑制に意識を集中させるようにすることになり、呼吸の管理を行えるように促してあげるのが現在のやり方になり推奨されているのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加