過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群と呼吸性アルカローシス

スポンサーリンク

精神的な要因で引き起こされる過換気症候群は、心身症の一つとして数えられています。
内科、呼吸器科、心療内科などで診察されることが多く、身体症状の激しさから、心臓などの病気と間違われることもまれにあります。
この過換気症候群の診断には血液検査が用いられることが多いですが、この発作を起こしていると、激しい呼吸によって酸素をを吸い過ぎ、血液中の二酸化炭素の濃度が極端に低下して酸素の濃度が高くなります。
こうした要因で、血液がアルカリ性に傾くことを、呼吸性アルカローシスと呼びます。
血液がアルカリ性になると、血管が収縮を起こしますので、その結果、ひどい時には「気を失う」などの様々な症状を引き起こしてしまうという訳です。

スポンサーリンク

 過換気症候群は、精神的なストレスなどが原因で起こりますので、まずはそのストレスを取り除くことが必要になります。
几帳面、心配性などの性格が影響している場合も多々ありますので、専門家による性格分析などを受けて、自分の問題点を知ることも一つの方法です。
過換気症候群の発作を乗り切るためには、正しい呼吸法をマスターすることも大切になります。
人混みや職場、スポーツ中などに起きた場合は、静かな所で息を整えることに意識を集中させます。
発作は比較的早く落ち着きますので、慌てずに判断し、行動することが何よりも重要になるのです。
心身症と言うと、何となく病院を受診することをためらいがちになりますが、呼吸性アルカローシスのような病状を早目に発見するためにも、まずは身近な病院の門をたたいてみることが大切になるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加