過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群の症状、原因と対処法

スポンサーリンク

ストレスなどの心理的な原因によって体に症状が現れる心身症の一つに、過換気症候群があります。
不安などがきっかけで呼吸が苦しくなり、必要以上に呼吸を繰り返すことで、呼吸過多となります。
息苦しさだけでなく、めまいや頭痛、指や口まわりのしびれなど、体に様々な症状が現れます。
そして、呼吸が出来ないことから、死んでしまうという恐怖を感じ、更に症状が悪化することも少なくありません。
主な原因はストレス、不安や緊張、恐怖などです。
普段から不安を感じやすい人や几帳面で真面目な人、男性よりも女性の方が発症しやすいと言われています。
他にも、運動の直後や疲れ、風邪や他の病気による発熱などが発作の原因となることもあります。

スポンサーリンク

過換気症候群の発作は、呼吸の深さと速さを調整することが出来れば治まります。
しかし、呼吸が出来ない不安からパニックになり、自分の意思で調整することが難しく、周囲の助けが必要となります。
正しい対処法としては、本人を落ち着かせ、自分の意思で呼吸を調整させることです。
不安が強く症状が治まらない場合には、紙袋などを口にあてて吐いた息を吸うという方法もありますが、窒息などの危険があるので注意が必要です。
また、発作を事前に防ぐことも重要で、音楽を聴く、不安になる事を考えないなど、自分に合った対処法を見つけることがポイントです。
発作を起こした人はパニック状態となる事が多いため、まずは周囲の人が落ち着いて対処する事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加