過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

呼吸困難や胸痛を発症する過換気症候群について。

スポンサーリンク

過換気症候群とは不安や緊張などで呼吸数が増えた事により、酸素より拡散しやすい性質を持つ二酸化炭素が血中から排出され過ぎてしまい、体内の酸とアルカリのバランスがアルカリに傾いてしまい、血管の収縮が起こる病気です。
血管が収縮してしまうと血液が体全体に行き届かなくなり、呼吸困難や胸痛、手足や唇の痺れといった症状が表れます。
また呼吸困難になることで、死の恐怖を感じる事も多くありますが、過換気症候群は死亡したり後遺症が残ったりする病気ではありません。
几帳面で神経質な人や心配性の人、または10代〜20代の精神的に不安定な時期の若者が発症しやすいと言われている事からも、精神的な部分に大きく影響される、心身症の一つと言われています。

スポンサーリンク

この症状の対処方法として、以前はペーパーバッグを口や鼻にあて、自分の吐いた息を再び吸い込むというペーパーバッグ法が推奨されていましたが、酸欠になる恐れがあると指摘されるようになりました。
その代わりの対処方法として、息をゆっくりと吐く呼吸法が推奨されるようになりました。
この呼吸法は息を吸い、1〜2秒そのまま息を止めて、その後10秒ほどかけながら息を吐くというもので、何回か繰り返すうちに呼吸を整える事ができます。
過換気症候群の発作は、時間の経過と共に症状が次第に快方へと向かっていきます。
発作が起きた事に強い不安を持つ事で、更に症状を悪化させてしまう事もあるので、心を落ち着かせ、ゆっくりとした呼吸法を行う事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加