過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と胸腔内圧の低下

スポンサーリンク

かなり辛い難病とも言われる症状の一つに過換気というものがあります。
これは基本的には過呼吸と同じ症状なのですが、原因が明確ではなくストレスや精神的な負担がその原因であると言われています。
中でも過換気の症状になってしまうと肺の中である胸腔内圧が著しく低下してしまうので息を吐きたくてもしっかりと行きがはけない状態になってしまい、酸素が多く二酸化炭素が少ない状態を改善する事ができずに苦しんでしまいます。
酸素が体内に多くなっているために息を吸う事が苦しく、とにかく呼吸を使用と無理に発作が起こってしまうので冷静に対処しておく必要があります。
基本は過呼吸と同様紙袋などを口にあてて落ち着かせることが効果的です。

スポンサーリンク

 過換気でも二酸化炭素の体内量が少ないために症状が起こることが多く、出来る限り自分自身の呼気でその不足や異常を補う必要があります。
原因も主にストレスと言われているので、体内に疲労物質を残さないようにしっかりとした食生活をして、確実にストレスになっている原因を生活の中から排除していかなければいけません。
しっかりと対策をしておかなければ症状は改善されず、時には呼吸困難になって死んでしまう事もあるので十分に注意が必要です。
出来る限り多くの症状を緩和するには常に呼吸の仕方を考えておく必要がありますが、それは不可能なので十分に安全に症状を抑えられるように工夫をしていくしかないでしょう。
紙袋や日頃の投薬などは絶対に忘れることができません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加