過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群で救急車を呼ぶことはないです

スポンサーリンク

近年、過換気症候群などでパニックになってしまい最終的にどうにもならないと思ったら救急車を呼んでしまうケースも少なくありません。
自分自身が過換気症候群になっていることにすら気が付かずに、ある日突然そのような症状が起こってしまうことによって、何が起きたのか理解できずにとても不安な気持ちに襲われてしまうのも無理はないのです。
過換気症候群は、さまざまな症状が出ると考えられていますが、その多くは息苦しさや動悸、めまいや不安な気持ちが押し寄せる場合もあります。
極度の恐怖感に襲われてしまうこともあるので、怖くなって死んでしまうのではないかと思うこともたびたびあるようです。
しかし、過換気症候群で死ぬということはありません。

スポンサーリンク

たとえ、どんなに不安感に襲われてしまっても大きく深呼吸することで自分自身の呼吸のリズムを整え、安心することが何よりも大切であり、落ち着いていくことが大切なのです。
パニック状態になってしまっているときは、不安や焦りなどが押し寄せてきますが、まずは自分自身に大丈夫だと何度も何度も言い聞かせ、心を落ち着かせていくことによって、呼吸のリズムも整っていき、だんだんと症状もなくなっていき快方にむかうのです。
大きなストレスがかかっているときには、自分でも気が付かないうちに呼吸が乱れていることが多く、意識的に呼吸を整える方法がとても効果的になってきます。
呼吸に自分の意識を集中させることによって大きく症状は改善されていくのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加