過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群と冠攣縮というのは同時に起こるのか

スポンサーリンク

冠攣縮というのは、冠状動脈が一時的に痙攣を起すことで細くなり、その細くなることで血流が低することを意味しております。
たとえば、冠攣縮性狭心症というのがありますが、これは、冠状動脈が痙攣によって一時的に細くなりそのために、血流が少なくなることで起こる狭心症ということで、これは、飲酒や喫煙によって行っているときに起こったり、朝方に掛けての寝ているときに起こったりという時におきやすいのです。
また、過換気症候群というのは、過呼吸による、血中の二酸化炭素の濃度が減少することで、欠陥が細くなり血流が悪くなるといったことと同じような感じになったりするのです。
でもそのようになったときの状況から判断すると、その違いがなんとなくわかるような気がするのです。

スポンサーリンク

冠攣縮と過換気とを比べると、似たような症状と言うのは確かにありますが、それが起こった場所というのが大きく違っていることに気がつくのです。
というのは、過換気の場合、過呼吸の症状を持っている人が多く、冠攣縮というのは、寝ているときに起こるとか、お酒を飲んでいる時や喫煙時に起こりやすいとされているので、そもそものその症状が周りの状況の違いから判断が出来そうな感じがするのです。
さて、それでは、そのようなことが同時に起こるのかと言うことですが、過換気である過呼吸と冠攣縮とが同時に起こる要素というのは、スポーツをしていて、たまたま遭遇しそうなことが考えれるが、それでも、基本的に過換気と冠攣縮と一緒に起こることが可能なのかと言うとわからないし、まずありえないのかなと言う結論に達するのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加