過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気はすぐに体を痛めつけるものではなく通常のガス交換反応です

スポンサーリンク

過換気症候群というと、ほとんどの方はどのようなものであるか、わかりづらいものであるはずです。
しかしながら、過呼吸の状態であると言われると、すんなりどのような状態であるかわかる人もいるのではないでしょうか。
血液の中の酸素濃度を人間の脳は調整しており、その調整がうまくいかなくなった時に起こる症状のことです。
そのため、苦しくなったり、手足の痺れがあったりして、呼吸をいっぱいしようという状態になり、さらに苦しく感じるようになります。
しかし、これはそれほど危険な状態ではありません。
呼吸を調整するということは、血液中の酸素濃度を、肺でガス交換を行うということです。
過呼吸に状態になっても、しばらくするとすぐもとの状態に戻ります。

スポンサーリンク

応急処置的に、ペーパーバック再呼吸という手法を用いて、過換気症候群に対象することが推奨されてきました。
この方法は、紙袋に自分の呼気を吐いて、再度それを吸って呼吸するというものです。
伝統的な手法として、日本のみならず、海外でも広く用いられている方法です。
しかし、伝統的な方法なので、特に科学的な裏付けがあるわけではないことが問題で、本当に過換気症候群に効果があるのか現在疑問視されてきています。
過換気症候群で最も重要なのは、慌てないということです。
過呼吸で死亡したという例はほとんど無く、勝手に収まることがほとんどです。
実際に、とても苦しいので、勘違いしてしまいますが、この症状はじきに収まるものだという認識を持っていることが重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加