過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と過呼吸の違いについて

スポンサーリンク

突然生きが苦しくなりめまいがしたり、意識がなくなったりする、そんな症状の原因は血中濃度に酸素が過剰となり、血液を通じて脳に運ばれる酸素の量が過剰とならないように身体が自然に制限することで起きる症状です。
この症状が起きる原因として「過換気」と「過呼吸」があります。
この過換気と過呼吸は一見同じ症状に見えますが実は違います。
端的に言うと過換気は置かれている状況から生じる精神的な負担やストレスを理由として起き、過呼吸は激しい運動の後などに体内に課題な酸素を取り入れてしまうことで起きる症状なのです。
この過換気と過呼吸は原理は同じですが。
要因となるものが違っており、それぞれから発する症状もかわることが知られています。

スポンサーリンク

過換気の症状は息苦しい、呼吸が早くなる、呼吸を深くすると胸が使える(圧迫感がある)、動悸が激しくなる、頭がぼーっとなり集中できない、恐怖感を感じる、極めて稀に失神するなどで、駅のホームやライブ会場、電車内など精神的な負担や緊張が発生しやすい場所で起こることが多くなっています。
過呼吸の症状は、手足のしびれ、呼吸困難、眠気、耳鳴り、頭がふらつく、悪寒などを感じるものでマラソンや駅伝、水泳、サッカーなど激しい運動により酸素を大量に消費した後に起こります。
過換気と過呼吸は共に血中内の酸素濃度が過剰となることで発生する症状ですが、その要因となるのは精神的な不安やストレスと激しい運動の後であることが異なっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加