過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気の原因としての運動

スポンサーリンク

運動をとても激しく行ったあとには、すごく息苦しい時間帯があります。
それは、血液中の酸素濃度が低下していて、その低下を脳が感知して、呼吸をいっぱいしようとするために起こります。
その状態がひどくなると、過呼吸という症状を呈します。
しかし、そのような運動による原因のものだけではなく、精神的なものから起こることもあります。
その精神的なものからくる過呼吸状態が過換気症候群です。
過換気症候群は、過呼吸と起こるメカニズムは一緒です。
しかし、すこし原因が違うという理由で分けられています。
異なるものだと考えられてはいますが、原因は同じなので、運動による過換気症候群を引き起こすこともあるので、すこし発作を持っている方は注意が必要です。

スポンサーリンク

過換気症候群を必要以上に恐れることはありません。
人間は、呼吸の制御を意図的に行うことができます。
過換気症候群になって発作を起こすと、神経反射的にいっぱい息をしようという衝動にかられます。
それは生理現象なのでしょうがないことです。
しかし、そのような生理現象を理性的に抑えて、呼吸をゆっくりしたりというコントロールを自分で行うことが人間はできます。
実際に、みなさん、深呼吸をしたり、水の中では、呼吸を止めたりといったことをした経験があるはずです。
そのようなコントロールを発作が起きそうな時にできるようトレーニングしておくことで、過換気症候群になった時やなる前に対象できるようになります。
神経質な人は、危険度が高いので、しっかり意識しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加