過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気にはリンの不足が関係している

スポンサーリンク

過換気とは呼吸が速くなり呼吸困難などの症状が現れます。
緊張した時や不安感が強い時など精神的にショックを受けた時に多く起こります。
症状としては呼吸困難や手足のしびれ、動悸など様々ですが症状が重い場合には失神やけいれん、意識が混濁するなどの症状が現れるため注意が必要です。
発作は30分から1時間くらいで治まります。
発作が起こった時には、まず速くなった呼吸を元に戻さなければいけません。
息を大きく吸ってから、いったん息を止め、ゆっくり吐き出すようにします。
それでもなかなか治まらない時には、パニック状態になりやすく精神安定剤などを服用する場合もあります。
またペーパーバッグ法という紙袋で鼻と口を覆う方法もよくある対処の仕方です。

スポンサーリンク

この方法はかえって酸素不足になる可能性や、心臓病や気胸などの病気がある人には適さないため注意が必要です。
手足のしびれなどの症状はカルシウムやリンの不足が原因で起こります。
リンの働きはカルシウムやマグネシウムといった栄養素とともに骨や歯を作る機能の他に、筋肉や脳、神経などの様々な器官でエネルギーを作り出すという作用を持っています。
過換気になると脳に十分な酸素が行き渡らなくなるためリンの働きが鈍ってしまうというわけです。
発症する人を見ると男性より女性の方が圧倒的に多いのですが、高齢者には特に注意が必要です。
高齢者の場合には過換気だけというのは非常にまれで、心筋梗塞や肺炎、尿毒症を併発している可能性があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加