過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

めまいなどを伴う過換気症候群は冷静な対応が大切

スポンサーリンク

精神的な不安が過度にかかると突然息苦しさを覚えることがあり、呼吸の乱れや胸の圧迫感を感じたりめまいがひどくなったりします。
急に症状がでるため、さらに不安が増し症状が重くなってしまうことがありますが、過換気症候群と呼ばれる病気で適切な対応を取れば数分で症状を回復させることが出来ます。
ただ稀に意識を失うこともありますし、心臓疾患のある人は大事に至らないように注意する必要があります。
症状が出た時には慌てないことが大切で、とにかく呼吸のリズムを取り戻すことが先決です。
リズムが狂ったままだと呼吸が浅く、酸素が上手く取り込めないために余計にめまいなどを起こし不安になってしまうので、ゆっくり大きな深呼吸から徐々に落ち着かせるのが大切です。

スポンサーリンク

過換気症候群の症状が出た時に周りにいる人の対応としては、慌てたり騒いだりしないことが重要です。
周りが取り乱すと精神的な不安が増長して、回復に時間がかかるようになるので、大丈夫や落ち着いてなど安心させる声がけを行うようにします。
呼吸を取り戻すために袋を口や鼻にあてがう方法がありますが、これは酸素のバランスを取るのが難しい方法で、二酸化炭素が急に増えすぎたりすると悪化することがあるので、処置に慣れていない場合には行わないほうが無難です。
頻繁に症状が出るときには、医師に相談したり精神的な治療を受けるなどの対応をとれば徐々に改善がみられ、いつまた症状が出るかなど不安になってしまう生活から抜け出すことが出来ますから、病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加