過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

うつ病と過換気症候群には相関関係があります

スポンサーリンク

うつ病と過換気症候群には相関関係にあります。
この病気は過度のストレスから発生するといわれており、発症すると呼吸困難や手足のしびれ、動悸、吐き気、死ぬのではないかという恐怖感などに見舞われます。
一度このような症状を経験しますと、またなってしまうのではないかという予期不安と呼ばれる不安に見舞われ、症状がおきやすい場所に行ったり、症状が起きやすいイベントなどを避けるようになります。
予期不安が重症になると行けない場所が増えていき、外で働いたり、家事をして日常生活を送ることが困難になります。
こうなりますと、患者は生きる希望をうしない、うつ病に発展してしまうことがあります。
パニック障害の症状がおきやすい場所は、閉鎖的で逃げられない空間です。

スポンサーリンク

美容院、歯科医院、特急電車、車、飛行機などがこういった場所にあたります。
車を運転する人の場合、高速道路での車の運転が症状発症の引き金となってしまうケースもときどきあります。
また、新入社員として入社する初日など、極度の興奮やストレスがかかりやすい環境におかれると発症の確率が高くなります。
パニック障害をうつに発展させないためには、心療内科など、適切な医療機関で早めの治療を受けることと、家族などの周囲の人々の理解が不可欠です。
治療を受ける医療機関を選ぶときはなるべく多くの患者に評判のよいところを選び、最適な治療が受けられるようにしましょう。
また、過換気症候群は二酸化炭素への感受性が高い人が発症しやすいといわれていますので、ヨガなどで呼吸のコントロールをするように心がけるのが効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加