過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群対策にビニール袋は注意して利用

スポンサーリンク

過換気症候群とは過呼吸症候群とも呼ばれますが、正確には過換気症候群と過呼吸は異なるものです。
過呼吸症候群は激しい運動をした際などに起こるもので、過換気症候群は精神的な理由により過呼吸になるもので、原因が異なるだけで発症後の症状はどちらも同じです。
症状としては、息苦しさや胸部の圧迫感、動機やめまいの他、手足のしびれや場合によっては失神してしまう場合もあります。
発作が出ている状態の時は息苦しさもあり、死の恐怖などを感じてしまう事もありパニック状態になってしまう人もいます。
基本的にこれを理由に死に至ったりする事はないですが、対処法を間違ったり原因となる精神性のものがそのままだと長引いたり、繰り返してしまいます。

スポンサーリンク

過換気症候群や、過呼吸症候群の発作が起きた場合の対処法はいくつかあります。
発作を生じている本人が呼吸の速さと深さを意識して調整すればそれだけで数分で治まっていきます。
しかし、発作状態で冷静に対処出来ない場合は周りの人間が落ち着かせてあげ、ゆっくりと呼吸をするようにサポートしてあげる事が大切です。
また、ペーパーバック法という紙袋やビニール袋を口にあて吐いた息を再び吸う方法もあります。
この方法は非常に有名な方法ですが、口や鼻にピッタリつけてしまうと逆に窒息してしまったりするリスクもありますので、口元に隙間を作ったりするなど注意する必要があります。
いずれにしても過換気症候群が頻発してしまう場合は、医療機関での適切な治療を受ける事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加