過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群はてんかんと類似していますが、原因が異なります。

スポンサーリンク

過換気症候群は、心理的な要素により呼吸が浅く早くなり、呼吸の回数が増えることで血液中の二酸化炭素が減ってしまうため、呼吸困難、失神や手足の震え、唇のしびれなどの症状が現れます。
過換気症候群は、女性や若い世代に多くみられ、直接的に命にかかわる病気ではないです。
原因としては、不安や興奮、緊張といった心理的な要素が主で、几帳面で神経質、心配性の人が罹りやすいです。
症状がてんかん発作と類似していますが、てんかんは頭部外傷、低酸素血症、毒物による中毒などが原因とされています。
発作が起こった場合には、紙袋を口と鼻にあて、吐いた息を吸うようにして二酸化炭素を体内に残すようにし、万一の時のため紙袋は常に携帯した方がよいです。

スポンサーリンク

ペーパーバック法と呼ばれ、使用する場合は酸素不足になってしまわないよう、少し隙間を作っておきます。
心理的な要素により症状があらわれるため、症状を引き起こしている要因を取り除くことが肝心で、医師から処方された抗不安薬を服用したり、しばらく休息を取るようにします。
普段の生活では落ち着いて過ごすよう心掛けます。
発作の原因となるような日常生活での不安や不満が自覚できるようであれば自分を見つめ直し、なぜ不安になったり不満を持ったりするのかを整理し明確にしていくことは、治療する上で有効となります。
他の治療法としては心理療法が存在し、自律訓練法などを行い精神を落ち着かせるためのコントロール法を身に付けていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加