過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気によるチアノーゼの対処方法

スポンサーリンク

過換気症候群は最近罹患者の数が増えており、呼吸がうまくできなくなるいわゆる過呼吸をよく起こす人が診断される病気です。
過換気が続くと、体内に酸素がきちんと供給されないので、心不全などの命にかかわる病気の引き金にもなる恐ろしい病気です。
ストレスや不安など情緒に関することを発端として引き起こすことが多く、治療方法としては精神安定剤の服用や心理療法などが一般的にとられます。
また症状のひとつにチアノーゼと呼ばれる唇の色が青白くなることがあります。
チアノーゼとは酸素が身体に不足している時に起こる状態で、顔全体が白くなるにまで至ることもありますが、顔色が安定して平生に戻れば、過換気がおさまってきたと見ていいそうです。

スポンサーリンク

急性の過換気に対する措置としては、袋の中で呼吸を繰り返すことが有効です。
これは人間が吐く二酸化炭素を多く含む空気を吸うことで、体内の二酸化炭素の濃度が高まるので酸素と二酸化炭素のバランスがとられるという仕組みで行われるものです。
私達人間には酸素が必要不可欠であるものの、空気にはたったの20%しか含まれておらずほとんどが窒素です。
このバランスのほんの少しの中にある酸素中で生きているので、酸素が少ないのはもちろん、多すぎることもいけないということです。
また慢性の場合には、過換気の原因となる精神的要素を解決する必要があります。
そのため精神安定剤などが処方されることもありますが、精神安定剤は正しく服用すれば何の副作用もありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加