過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群はたばこが一番悪影響を及ぼします。

スポンサーリンク

呼吸器困難の病気として過換気症候群というものが挙げられています。
この病気の症状は読んで字のごとく空気を吸い込みすぎるという事で、早く空気を吸おうと呼吸困難を起こし、眩暈がしたり手足のしびれの症状が出てきます。
たまに失神するケースもある重篤な病気です。
呼吸だけの病気なので治るのでは…と考える方がいますが主にストレスで緊張した時に起こる場合が多いと言われているので心理的な事を見直すことが完治の道に繋がっています。
また呼吸法を学ぶことも症状が治まる可能性が高く、呼吸器系の疾患なのでたばこを吸っている方は煙を吸ってしまう事で体に悪影響なので直ぐに禁煙することも大切な事です。
また精神的な要因で起こる事で特効薬がありません。

スポンサーリンク

まず呼吸を整えるためにヨガの呼吸を学ぶことで安定してくると言われます。
また腹式呼吸を行う事も効果があります。
ストレスが溜まり過換気症候群の症状が出てきたら呼吸促進や気管支拡張し血糖値が上がってきます。
また胃腸運動がされるので喉がカラカラに乾いてきます。
消化液が出ない事でお腹がすかないという症状もあります。
男性よりも若い女性の方に多く見られるこの病気は喘息や呼吸器疾患の方に多く見られます。
症状が出てきたら、まず落ち着き精神を安定させるという事が大切です。
呼吸の仕方をいろいろ学ぶことにより少しでも軽減できると言われています。
また日頃からあまりストレスを溜めないという事も重要であり上手く発散することも大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加