過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群はくせになりやすいと言われています

スポンサーリンク

過換気症候群とは、何らかの原因で呼吸が速くなると同時に深くなりすぎてしまうことによって、血液中の二酸化炭素が排出されすぎてしまい、そのために全身に起こる様々な病的な変化のことを指します。
大きな呼吸をしすぎるために、呼吸困難の症状を訴える患者が多いですが、手の痺れや痙攣、意識混濁の症状が起こる場合も多いです。
このような症状は、他の疾患が原因で引き起こされてしまう場合もあるために、発作が起こった際には、その症状が過換気症候群によって引き起こされたものであるのか、それとも他の疾患が原因で引き起こされているものなのかを見極めてから治療にあたる必要があります。
最も手っ取り早いのは、動脈から採血をして調べる方法です。

スポンサーリンク

 血液の二酸化炭素濃度が低下しており、アルカリ性になっていて、かつ肺や心臓には異常な所見が見当たらないような場合には、過換気症候群の診断が下されることになります。
この過換気症候群は、一度発症してしまうとくせになって、何度も繰り返しやすいと言われています。
なぜ、くせになってしまいやすいのかというと、過換気症候群を発症している人は、その背景として不安神経症に基づく情動不安を抱えているケースが非常に多く、過去に起こした発作の経験の恐怖から、再び発作を起こしてしまうのではないかという不安にかられ、そのストレスのためにさらに症状を悪化させるという悪循環にはまりこんでしまう場合が多いからです。
なので、頻繁に発作を起こしてしまうような場合には、精神療法が必要になってくることが多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加