過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気とアルコール摂取量について

スポンサーリンク

基本的には病気の症状がある人がお酒を飲んだり喫煙をすることは禁止されていますが、常用してしまっているとなかなかすぐには辞められないもので自己管理ができずに病気を闘っている人も多くいます。
基本的にアルコールはそれほど危険なものではないのですが、量を飲み過ぎてしまうと持病である過換気の症状をより強く誘発してしまう事も多くなるので十分に注意が必要です。
しっかりと安全に過換気を治していくには出来る限り多く安全な状況を作ることが重要で、特に紙袋を用意して万が一の発作に備えたり、毎日発作を抑える薬を飲む事を忘れないようにするなど基本的な事ですが、しっかりと守っていないと症状が悪化してしまう事もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 またアルコールや喫煙も控える必要があります。
アルコールの摂取では血圧が上がったり、かなり呼吸が荒くなってしまうので、十分に安全に呼吸をすることが難しくなります。
全身の筋肉がゆるんだり判断力が低下する事もあるので急な発作に対処できなくなり、おう吐をしてしまう危険もあります。
過呼吸や過換気の時におう吐をしてしまうとほぼ確実に呼吸ができなくなって、非常に危険な状態になるのでしっかり安全対策をしておく必要があります。
食事中でも症状が出た時にはすぐに口の中のものを出し、過換気の症状に対処できるように心を落ち着かせる必要があり、早めに発作を鎮めておくことが重要になります。
原因となるストレスに触れないようにする事もとても重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加