過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

不安障害による過換気の対処法

スポンサーリンク

過換気は不安障害の症状としてもあらわれます。
この障害による過呼吸は、長期的に続いている不安や不満、怒り、緊張など、神経を興奮させる要素が原因となっていることが多いです。
また、体が疲れているときや、睡眠不足、風邪を引いているときにもこの症状が出やすくなります。
不安などからくる過呼吸は突然、または少しずつ呼吸が苦しくなっていき、両手の指や手足のしびれに襲われるというものです。
指や手足のしびれがひどいときは指が硬直したようになったり、痙攣をしたりします。
このような症状は血液中の二酸化炭素が不足することで引き起こされます。
不安障害で過呼吸の状態に陥ってしまう理由は、人は恐怖に直面すると不安反応が起きるからであるといわれています。

スポンサーリンク

恐怖に直面して不安反応を起こしますと、人は闘うか逃げるかの2つの選択肢を選ぶことを強いられるため、酸素を吸う量を普通よりも増やし、いつでも逃げられる体制を本能的に作ろうとします。
これが、過呼吸の原因を作り出してしまっているのです。
現代社会では恐怖に直面して、走って逃げなければならないという場面はあまりないため、不安反応が突然やってくると体の中に酸素が過剰に取り入れてしまう状態に陥ります。
不安障害による過呼吸を防ぐためには、意識して鼻呼吸をするという方法が有効です。
鼻で呼吸をしているときは、過呼吸の症状にみまわれることはまずありません。
このため、普段から意識的に鼻で呼吸をする機会を増やすようにしますと、不安からくる過呼吸を防ぐことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加