過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気症候群の生あくびや息苦しさの発症理由と対処法について。

スポンサーリンク

過換気症候群とは、精神的なストレスなどがきっかけで必要以上の呼吸が起こる事により、血中の二酸化炭素が排出され過ぎて、更に呼吸が苦しくなる症状の事を言います。
精神的な部分から発症する事が多い症状ということもあり、神経質で几帳面な人や心配性な人がなりやすいと言われています。
また、精神的に不安定な時期といわれる10代〜20代の女性にも症状があらわれる事が多い病気です。
症状としては呼吸が苦しくなる以外に、胸部の圧迫感や痛み、手足や唇のしびれ、生あくびが頻繁になるなどがあります。
この症状は数10分ほど続くこともありますが、時間がたつと共に症状は快方に向かっていきます。
命の危険や後遺症の心配はない病気といわれています。

スポンサーリンク

対処法としては、以前はペーパーバッグ方と呼ばれる応急処置がもっとも有効と言われていました。
この処置の方法は紙袋を使い、一度吐いた二酸化炭素を再び体内に取り込むことを目的として行われていましたが、長時間行う事で窒息の危険があるという事も提唱されました。
代わりに行うようになった応急処置法は、息をゆっくり吐く事を重視した呼吸法です。
この呼吸法は息を吸った後に2秒ほど息を止めて、その後ゆっくりと10秒ほどかけて息を吐くという事を数回繰り返し、呼吸を整えていく方法になります。
そのようにして気持ちを落ち着けていく事により、徐々に過換気症候群の発作は治まっていきます。
発作が起きたときはパニックになりがちですが、なによりも慌てずに対処する事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加