過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

肺塞栓症は過換気に大きく関係している

スポンサーリンク

血管の中にできる血液のかたまりのことを血栓と言います。
血栓が動脈にできると心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
この血栓は動脈だけでなく静脈にも起こります。
静脈にできる血栓の多くは90パーセント以上が足に起こるものですが、この足の静脈の血栓が何らかの拍子に血管の壁からはがれおちることがあり、はがれた血栓が血流の流れによって心臓に運ばれた後、肺に入り肺の血管を詰まらせることを肺塞栓症といいます。
肺塞栓症が起こると胸の痛みや呼吸困難、湿疹、ショック状態といった症状が現れ、重症の場合には心臓や肺の機能が停止することがあります。
健康な人でも長時間座っていることが多い人にも起こり、年齢や性別も問わず誰にでも起こる可能性があります。

スポンサーリンク

肺塞栓症の症状で一番多い症状が過換気という息ぐるしさと、息を吸う時の胸痛です。
突然呼吸が苦しくなるため、普段であれば何も問題がなく上がれる階段などでも急に息が切れてしまい、途中で休憩しなければ動けなくなります。
これは肺動脈が詰まったことにより起こるものです。
動脈が詰まると血中の酸素濃度は低くなり、心臓は不足した酸素を補おうとするため、血液を頻繁に送り出すようになります。
じっとしていても脈拍数が急激に増え、呼吸数も増加します。
また、息を吸う時には鋭い痛みを伴います。
発症前に見つかるのは非常にまれで、高齢になるとその発症率が高くなると言われています。
ですから長時間同じ姿勢をとらないなどの対策が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加