過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と敗血症について

スポンサーリンク

人間は呼吸をして生命の維持を行っています。
呼吸とは二酸化炭素を体の外に出して酸素を体の中に取り入れることです。
しかしこのバランスが崩れると体に不調が出てきます。
二酸化炭素の量が体の中から減少すると起こるのが過換気です。
この症状では血液がアルカリ性になります。
したがってこの症状を疑うときには、血液検査を行って血液がアルカリ性になっていることで判断します。
症状を引き起こす原因としてはたくさんのことが考えられますが、精神的に不安定になっていたり、疲労が重なっているときにも症状が出ることがあります。
男性よりも女性に症状が見られることが多く、特に若い人に多いです。
このように過換気にはさまざまな原因があります。

スポンサーリンク

精神的な原因もありますが、このほかには何らかの病気が原因で起こることもあります。
その病児は肺の炎症である肺炎や肺に穴があく気胸や、気管支の炎症やアレルギーで気道が狭くなるという気管支ぜんそくでも起こることがあります。
このほかに心臓の疾患としては心不全でも起こることがあります。
肺炎や腎盂腎炎などの重傷細菌感染症が進行して、血液中から全身に炎症反応が起こる敗血症でも過換気になることがあります。
過換気の症状が出たときにはゆっくりと呼吸をすることを心がけます。
しかし深呼吸はかえって症状を悪化させてしまうので気をつけます。
過換気の発作を起こしたときにはまず医師に相談して対応するようにします。
場合によっては薬を処方してもらうこともあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加