過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

過換気と脳出血に注意する

スポンサーリンク

過換気は症状は過呼吸とほぼ同じですが原因が運動ではなく、精神的な負担やストレスによって引き起こされるものなので、周囲からするとかなり発作的な症状に見えて、しかもパニック障害のような状態になってしまうのでなかなか理解されにくい症状です。
症状が起こる本人にも分からない事が多いので、時には呼吸困難で気絶してしまったり、呼吸が苦しくて対処ができないような事もあります。
この症状があまりにも突発的に起こると血圧の急上昇で脳出血が起こってしまう事もあるので十分に注意をして対処する必要があります。
主に酸素が体内で多くなりすぎることで発生する症状なので、出来る限り呼吸を落ち着いて行うようにすることが唯一の対処法です。

スポンサーリンク

 この過換気になってしまったらまずは紙袋などで自分の呼気を吸って、不足している二酸化炭素を補う事や発作に対して冷静になることが重要です。
あまりに急に起こってしまうとかなり驚きますが、常に紙袋や対策を施しておくとしっかりと効果を発揮する事ができるのでとても安全に対処する事が可能です。
脳出血などはよほど呼吸を我慢しないと起こりませんが、喫煙の習慣や食生活の乱れなどがあるとそういった状態に併発して過換気で脳出血を招いてしまう事もあります。
そのため、日々健康的で健全な生活をすることには常に気を配っておき、出来る限りの対策を施す必要があります。
出来る限り原因となっているストレスや精神的な負担を解消して、苦しむ事が続かないようにしていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加