過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

脳梗塞によって引き起こされる過換気症候群について。

スポンサーリンク

過換気症候群とは、強い精神的ストレスや不安によって正常な呼吸回数が過度に増えてしまい、そのため血中の二酸化炭素が減少し、全身の動脈が収縮して細くなり、手足の痺れやめまい、意識が朦朧とする症状を引き起こす事です。
過呼吸になる事から、過呼吸症候群ともいわれます。
呼吸中枢等が過度なストレスの影響を受けることにより、血中の炭酸ガスが余分に排出され、血中には十分な酸素があるのに息苦しさを感じ、その結果過換気症候群になります。
通常は一時間以内に収まる事が多いです。
また、脳梗塞や脳出血等から呼吸器系の組織にトラブルが起きても過換気症候群になる事があります。
その発作がいつ起こるかわからないという事からも精神的に負担がかかってしまいます。

スポンサーリンク

過換気症候群の対処法は、まず高ぶった精神状態を鎮める事が大切です。
それから紙袋等を口に当て、ゆっくりと呼吸するように促します。
吐いた息の二酸化炭素を再度吸い込み血中に溶け込ませることによって、アルカリ性に傾いている血液のペーハーを正常に戻すようにします。
治療法は、専門の医療機関での心理療法と薬物療法が必要となります。
発作を繰り返している場合は、安定剤等の処方がなされます。
心理療法では自律訓練法等を行い、自分の心をコントロールするためのスキルを習得していきます。
また、脳梗塞が疑われる場合は生命の危険にも繋がりますので早期の検査、服薬等適切な対応が重要です。
特に糖尿病や高血圧といった、脳梗塞のリスクの高い人は医療機関での定期的な受診が不可欠です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加