過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

もやもや病は過換気によって症状が誘発される病気です

スポンサーリンク

もやもや病は過換気によって症状が誘発される病気です。
この病気は脳の中に異常な血管網ができ、深呼吸が必要なことをするとさまざまな症状を呈します。
また、この病気は子供と成人では症状が違うのも特徴です。
子供の場合、熱い汁物に息を吹きかけたり、笛を勢いよく吹いたり、大声で泣いたり、といったことをしたり、激しい運動をして過呼吸になると発症します。
この病気の症状がさらに進みますと脳の後頭葉の動脈がふさがり、視野が狭くなったり、視力に障害が起きたりします。
過呼吸や深呼吸によってもやもや病の症状が起きる理由は、これらの行為によって患者の脳の血流が極端に減少するからであるとされています。
健康な人であっても深呼吸や過呼吸によって脳の血流は減少しています。

スポンサーリンク

しかしこの病気の患者の場合、深呼吸や過呼吸を行いますと、健康な人よりも脳の血流が大きく下がってしまいます。
このためにさまざまな症状が出てしまうのです。
この病気の人の過呼吸を放置しておきますと、深刻な病気に発展することもあります。
この病気の人の過呼吸が長く続きますと、脳の血流が少ない状態がずっと持続してしまうため、脳梗塞の症状を引き起こしてしまいます。
このため、もやもや病の人は極力過呼吸を引き起こさないように日常生活に注意する必要があるのです。
この病気を持っている子供が熱いものに息をふきかけるなどの過呼吸を引き起こす動作をしたあとに体の力が抜けてしまうという症状を繰り返し起こすという場合は、できるだけ早く手術を受けることが必要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加