過換気症候群の症状・原因・特徴・対処方法などについて解説

NHKのためしてガッテンで紹介された過換気について

スポンサーリンク

過換気症候群という症状を皆さんはご存知でしょうか。
原因は定かとはされていませんが、何かの大きな精神的なダメージあった際に、必要以上に呼吸を行う事から始まると言われています。
特にパニック障害の人がこの症状を訴える事が多いとされていますが、運動直後などでも起こる可能性はあります。
その為、いつどこで自分が過換気症候群に見舞われてしまうかが分かりません。
特に心配性で考え込んでしまう性格の人がなりやすいとされていますが、精神的ダメージも要因の一つですので、対処法としては常に心に余裕を持つ事だとされています。
もしどうしようもない悩みがあるようならば、周りに吐き出すなどしてください。
また自分の事を話すのが嫌ならば、友人の話なんだけれどもとその人に置き換えて話す事で、少しでも心に余裕が生まれます。

スポンサーリンク

NHKのためしてガッテンは皆さん、一度はご覧になった事はありますか。
多くの情報を分かりやすくクイズ形式で出題してくれるので、若い人からお年寄りまで人気の高い番組です。
主に健康に関するクイズを出題してくれるのですが、その中でも今まで広く知られている知識が実は間違っているという事も多く証明してくれています。
その中でも過換気症候群の人が過呼吸になった際には、袋に空気を入れて口に当てると良いと今までされていましたが、この常識が実は間違っていたという情報がありました。
脳内に溜まった二酸化炭素を輩出できる為に袋を用意するそうですが、これは意味がなく、窒息の恐れもあるそうです。
その為、過換気症候群で苦しんでいる人が目の前にいたら、背中を撫でたり一緒に呼吸を合わせて落ち着かせる事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加